ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

【アーカイブス】新型コロナ、第1波・第2波・第3波の比較、インフルエンザとの比較

[ 2021/01/15 (金) ]
データ更新。2021/1/15
初回公開日:2020/7/23



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第1波・第2波・第3波で致死率などがどのように違うのか?インフルエンザとの比較など、年齢階層別のグラフで確認してみました。毎水曜日データの定点観測です。

日本でCOVID-19が始まって約1年経ちましたので、
本エントリーの更新は今回で終了します。

なお、第3波の状況の定点観測は、下記のエントリーで継続しています。
新型コロナ陽性者数・重症者数・死者数、都道府県別、第1波・第2波・第3波別、年齢階層別

クリック


目次

1.感染者数・重症者数・死者数の推移
3.年齢階層別のデータ等の定点観測
4.第1波・第2波・第3波の違い
 区分
 陽性者数、死者数、致死率の比較
 (参考までに)第1波・第2波・第3波を合わせた状況
5.年齢階層別の詳細を見ると
 陽性者の状況
 死者の状況
 重症者・重症化率の状況
 人工呼吸治療・ECMO治療の状況
6.COVID-19とインフルエンザの死者数の比較
7.関連エントリー
8.参考情報

1.感染者数・重症者数・死者数の推移 2021/1/13まで

⓪-1 新規感染者数(全国、東京)
⓪-1陽性者全国、東京0113
⓪-2 重症者数(全国、東京)
⓪-2重症者全国、東京0113
データ出典:オープンデータ(厚労省)ほか

⓪-3 新規死者数(全国、東京)
⓪-3死者全国、東京0113
データ出典:オープンデータ(厚労省)ほか

.
3.年齢階層別のデータ等の定点観測

厚労省が毎週木曜日に年齢階層別のデータなどを発表しているので、以下は、感染者数、死者数の推移などの定点観測です。最近、1日遅れて金曜発表となることがある。
最新の出典:PDF新型コロナウイルス感染症の国内発生動向 2021/1/13,18時時点(厚労省)。

【注意1】2020/12/23の陽性者・死者データは前回までと比べて大きく増加している。多数の過去未計上分を計上したと思われます。5項のグラフで分かります。
【注意2】2020/12/29データは年末のためか12/24~29の6日間分、2021/1/6データは12/30~1/6の8日間分。

.
4.第1波・第2波・第3波の違い 2021/1/13まで

区分
第1波第2波第3波
陽性者~6/106/11~9/239/24~
死者~7/17/2~10/710/8~
関連エントリー新型コロナ陽性者数・重症者数・死者数、都道府県別、第1波・第2波・第3波別、年齢階層別で感染者数・死者数の推移から設定した。日付は厚労省の1週間毎の報告日に合わせているので実態とのズレもある。

陽性者数、死者数、致死率の比較
① 陽性者数
第3波数値の上の%は構成割合
①陽性者数0113
構成割合第2波第3波コメント
10代以下8%9%
20代,30代49%37%第3波は大きく低下
40代,50代25%28%第3波はやや増加
60代以上17%23%第3波は大きく増加
  • いずれの年代も実数では第3波は第2波を大きく超えた。

20代が多く、しかも、その多くが軽症者・無症状者とも聞く。
第2波は、若い人の感染者の急増の要素が強く、幸いにも高齢者の感染者の大幅増加は抑えられた。第3波では比率が変化している。
尾身茂感染症対策分科会長は『若い人の感染防止が高齢者の命を守ることになる』と仰っており、頷ける。

② 死者数と致死率
②死亡者数0113
若い層の死者数第1波第2波第3波
40代14人3人18人
30代4人2人5人
20代1人1人0
10代以下000
  • 第2波・第3波は、30代以下では致死率は0.0%と数字に表れない。

死者の
構成割合
第1波第2波第3波
80代以上57%62%63%
70代27%24%23%
合計84%86%86%
  • 第3波,第2波の高齢者の構成割合は、第1波よりやや高くなり86%

致死率第1波第2波第3波
全年齢平均5.7%1.0%1.1%
80代以上31%12%9.8%
70代16%4.3%3.3%
60代5.2%1.4%0.9%
  • 第1波は高齢者にとっては大きな脅威だった。
  • 第2波、第3波は大幅な低下の傾向がある。

専門家は次のように分析している。
  • 検査能力と患者ケアの改善の効果によるもので、ウイルスが弱毒化した説は考えていない。
  • 検査対象の拡大により、無症状や軽症例まで診断されるようになった。
  • 医療現場で新型コロナの治療の標準化が進められた。
  • 第2波が第1波よりも致死率が低いという現象は海外でも観察されている。
  • (第1波比べ)第2波の数値の方が病気の実態を、より表している可能性がある。
【参考】新型コロナ 海外でも第2波は第1波より致死率が低いのはなぜか?(忽那賢志Yahoo個人2020/9/12)

(参考までに)第1波・第2波・第3波を合わせた状況
④-1 当初~の累積陽性者数
④-1陽性者数400W0113

④-2 当初~の累積死者数
④-2死亡数400W0113
各国との比較などではこの致死率が使われ、平均:1.3%80代以上:12%
.
5.年齢階層別の詳細を見ると 2021/1/13まで

⑤-1 累積陽性者数の推移
⑤-1陽性者数推移0113

⑤-2 第2波・第3波の新規陽性者数の推移 1週間毎
⑤-2新規陽性者数推移0113
例えば8/12は8/6~8/12の前1週間の合計値。
第2波
ピーク週のズレをみると
  • 20代,30代,40代のピークが8/5
  • 10代未満,10代,40代,50代,60代のピークが8/12
  • 60代,70代,80代のピークが8/19
あたかも、20代,30代の感染がその周りの年代に伝わっているように見える。

第3波
各層で急増し、特に40代以上では、11/18にいきなり第2波のピークを越え、その後急上昇した。(12/23データについては3項の【注意】を参照)

死者の状況
⑥-1 累積死者数の推移
⑥-1死亡数推移0113

⑥-2 第2波・第3波の新規死者数の推移 1週間毎
⑥-2第2波の新規死者数0113
例えば9/9は9/3~9/9の前1週間の合計値。

②グラフに示すように、70代と80代以上で死者全体の9割弱を占めるのでそこに注目。
80代以上では第2波ピークで50人規模/週が4週間続いた後、収まってきたように見えたが第3波が始まった。(12/23データについては3項の【注意】を参照)
70代でも同様。

重症者・重症化率の状況
⑦-1 第3波の入院治療等を要する感染者の推移 1週間毎
棒グラフの上の%は11/18からの期間全体の構成割合
⑦-1入院治療等を要する者0113

⑦-2 第3波の重症者および重症化率の推移 1週間毎
棒グラフの上の%は11/18からの期間全体の構成割合
⑦-2重症者および重症化率0113
重症化率は11/18からの各週の(重症者の合計値)/(入院治療等を要する感染者の合計値)で割り出した%で、第3波の状況を表している。
60代以上の高齢者が重症者の79%を占める。

第3波の70代と80代以上を比べると意外な傾向がある。
  • ①陽性者グラフでは、ほぼ同じレベル
  • ⑦-1入院治療等を要する感染者グラフでは、ほぼ同じレベル
  • ⑦-2の重症者数および重症化率は80代以上は約半分
  • ②死者数グラフでは、80代以上は3倍弱

人工呼吸治療・ECMO治療の状況
以下のグラフは、日本COVID-19対策ECMOnetからの引用。(引用承諾済)

⑧-1 人工呼吸治療(ECMO除く)の年齢分布と転帰
⑧-1人工呼吸治療(ECMO除く)の年齢分布と転帰0113
⑦-2重症者および重症化率グラフと同様の傾向。

⑧-2 ECMO治療の年齢分布と転帰
⑧-2ECMO治療の年齢分布と転帰0113
ECMO装着は救命可能性が考慮されると理解しているが、
80代以上には、ECMO治療はあまり行われていない。

.
6.COVID-19とインフルエンザの死者数の比較 2021/1/13まで

下記の比較グラフは、条件が違う2つのデータを並べたもので、本来、単純な比較はできない事は承知の上でバックグラウンドとの比較です。

COVID-19インフルエンザ
データ出典④-2グラフ令和元年(2019)
人口動態統計(確定数)の概況

厚労省 2020/9/17
データ期間2020/1/16~
2021/1/13
2019年
1~12月
感染者数約30万人1000万人
とも言われる

⑩-1 年齢階級別死亡数(COVID-19とインフルエンザ)
⑩-1年齢階級別死亡インフル2019コロナ0113
COVID-19のデータ期間も1年間となった現時点で、年齢階層別の比較ではバラツキはあるが、合計数ではほぼ同じレベルになった。70代以上の高齢者の構成割合でも同レベルであり、いずれも高齢者の死亡が占める割合が高い疾病。

死者の
構成割合
COVID-19インフルエンザ
80代以上62%72%
70代24%15%
合計86%87%

年代別に意外な傾向がある。(このデータと②グラフの第3波致死率だけからの素人コメント)
  • 10代まで:インフルエンザの死者は結構多く、インフルエンザの方が怖い疾患ともいえそう。(ちなみに、10歳未満49人の内訳は5歳未満35人、5歳以上14人)
  • 20~40代:COVID-19の死者は少なく、致死率(=死者数/患者数)も0.0~0.1%と数字にほとんど表れないレベル。ただし、基礎疾患を持つ人は十分な注意が必要といわれている。
  • 50代以上:感染者数が33倍違うのに、COVID-19死者数がインフルエンザ死者数の1.4~1.7倍で、致死率も50代の0.2%から80代以上の9.8%と急増。COVID-19はインフルエンザより遥かに重症化して死亡に結び付きやすい怖い疾患。
  • 80代以上:COVID-19死者数がインフルエンザ死者数の93%と、他の年代に比べて急に下がる。高齢者の周りの方(高齢者施設関係者、家族)や医療関係者のご尽力によるものかも知れません。
    一方で逆にみると、高齢者に関するインフルエンザ感染防止に改善の余地があるのかも知れません。(難しい状況もあるかと思いますが)

上記は年間値の比較だが、インフルエンザによる死者発生は季節性が高く、冬季の3ヵ月程度に集中している。
死者数に対する個人や社会の実感覚は、“1日当たり”や“1ヵ月あたり”の死者数なので、上記⑩-1の比較グラフのインフルエンザの棒グラフの高さを(少し乱暴だが)4倍したものが、新型コロナとの比較実感に近いと思われる。
月別インフル死亡者数02
出典:インフルエンザによる死亡数の推移(社会実情データ図録 Honkawa Data Tribune)

⑩-2 実感覚の死亡数比較(COVID-19とインフルエンザ)
⑩-1のインフルエンザ数値を4倍
⑩-2年齢階級別死亡インフル2019コロナ0113
.
7.関連エントリ

新型コロナ陽性者数・重症者数・死者数、都道府県別、第1波・第2波・第3波別、年齢階層別

【メモ】
●PDF高齢者介護施設のためのイラストで理解する新型コロナウイルスの感染対策(下間正隆 日本赤十字豊田看護大学 2020/10/5)
.
8.参考情報

忽那賢志先生の発信情報へのリンクを記載していましたが、情報が増えたので、単独エントリー忽那賢志先生の発信情報へのリンク集に切り出しました。
[ 2021/01/15(金) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(2)
Re: ご無沙汰してます
tatsuさん
お久しぶりです。
中身の濃いコメントをいただき、ありがとうございました。一つの記事としても成り立つような内容のコメントだと思いました。どうぞ、今後もコメント欄をご自由にお使いください。

ご紹介いただいたサイトからのグラフを本文に引用しました。(事後になりますが、引用許可のお願いメールを事務局に送ります。)
私も、医療関係者や高齢施設関係者のご尽力に感謝しきれないとの思いを持っています。本文に追記した以外にも、日本の高齢者施設の死亡者は、他国に比べ少ないとのお話も聞いたことがあります。
今回のパンデミックでの犠牲者発生がどうなるか?心配ですが、今後1~2週間の状況で見えてくると思いますのでウォッチングしていきます。
[ 2020/07/26 13:43 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してます
COVID-19のパンデミックは、日本でもまた再燃しているようです。
前倒しを繰り返す(緊急事態宣言期間、GoToトラベル開始)理由がわかりませんが、とりあえずこれ以上の広がりは、死亡率の高い人たちへの接触が増えるので心配です。

さて。重症者の状況がわからないなぁと思って、検索して以下のサイトを見つけました(日本COVID-19対策ECMOnet COVID-19 重症患者状況の集計)。
https://crisis.ecmonet.jp/

人工呼吸器やECMO装着が県別等でおおよそ目安がわかるという意味で、その時期の深刻さがグラフ化されていると思います。

長い闘いになると思います。
ECMOを含む人工呼吸器などでの操作・患者の管理を行うみなさま、そして直接のCOVID-19の治療に直接当たらずとも感染の危険との緊張をしつつ勤務している医療関係者の皆様。
秋から本格的な第二波と言われる前の準備期間になるはずが、またも緊張が増していることと思います。
またもちろん、通常の生活を行う(私も含めた)重症者リスクの高くなる年齢層の方々や高リスクである基礎疾患をお持ちの皆様、妊婦の皆様、改めてまた緊張した日々です。

長い自粛・おうち籠り期間を過ごしたストレスの後に、またもストレスが増しておりますが、よく食べ、よく寝て、少しでもストレスをためませんように。

梅雨も長く、豪雨も多い今年ですが、皆さま元気に暑い夏をお迎えください。

それにしても、マスクがどうにも合わないものの1日マスクを外すことができない通勤時間も長い勤め人としては、布マスクの効果どこまで期待していいものやらと思う日々です。過剰適応しているのか、外すと逆に鼻から喉奥までスースーする感じで、起床時は乾いてのどがガラガラな気分になるというのは普通じゃない気分です(呼吸器内科の先生にそういわれた)。元はマスクをほとんどしなかったので、マスクがこんなに体に負担があるとは想像しませんでした。
[ 2020/07/26 08:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
プロフィール

icchou

管理人:icchou
   非常勤講師

累計訪問者
ブログ内検索