ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少?

[ 2021/03/22 (月) ]
2月ABC部数に更新。2021/3/22
初回公開日:2017/11/6



全国紙5紙の販売部数のグラフ化、残紙問題、その他の批評などをアーカイブしました。

目次

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
2.残紙問題(押し紙問題)
3.若い世代が新聞を購読していないデータなど
4.広告費のデータ
5.メモ

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
[ 2021/03/22(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

新型コロナに対して世界初の使用許可を取得したmRNAワクチン

[ 2021/03/20 (土) ]
3項に追記。2021/3/20
初回公開日:2020/12/18



米ファイザーと独BioNTech(ビオンテック)の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する革命的なmRNAワクチンに関しての素人勉強です。

目次

1.ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチンの世界初の使用許可を取得
2.Hironori Funabiki(船引宏則)先生による解説
3.忽那賢志先生による説明
 くつ王、ワクチン打ったってよ 一医療従事者の新型コロナワクチン接種体験記【2021/3/20追記】
 新型コロナワクチンの副反応の報道をどのように捉えればよいのか
 本日国内承認 ファイザー社の新型コロナワクチンQ&A
 効果は? 安全性は? 新型コロナワクチンについて知っておきたいこと Q&Aで医師が解説
4.(一般論として)ワクチンの種類
 (1) 生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイド
 (2) 核酸ワクチン
5.mRNAワクチンの仕組み
6.関連エントリー
7.その他の有用情報
8.今回も不安を弄ぶ朝日新聞、HPVワクチン報道の反省もなし、体質も変わらず、公共の福祉に有害
 今回の記事2つ
 皆さんが呆れてます
 子宮頸がんウイルス(HPV)ワクチンで朝日がやった事のごく一部
[ 2021/03/20(土) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(0)

不作法・偏向マスコミに呆れます(最新版)

[ 2021/03/17 (水) ]
No141を追記。2021/3/17
No140,139,138を追記。2021/1/9
2020/5/25、No118~、これより古い情報は(アーカイブス)に移動してます



メディアの劣化があまりに酷いと感じます。(そんなものは前から同じ、との声も聞こえますが)

新聞は、自己修復できないなら、できるだけ早く自然衰退していただければ宜しいかと。ただし、その前に軽減税率は適用してほしくないです。特に若い世代にとっては生活必需品ではない*ですし。*このエビデンスは別エントリー1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少にあります。

テレビは、放送法を守る気がないようなので、お安い電波使用料などの優遇措置を外して良いかと。電波オークション導入や有名無実化している放送法4条存廃論議に賛成です。
以下、氷山の一角ですが批判の声や関連情報をアーカイブしてみます。


原則として新しい順。 敬称略。
[ 2021/03/17(水) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

アナフィラキシーとは

[ 2021/03/15 (月) ]
新型コロナウイルスワクチンの関連でアナフィラキシーという言葉を、よく聞くようになりました。
弊ブログの過去記事でもこの言葉がたまに出てきますが、この機会に基本的なところを勉強しておきます。
出典は、PDFアナフィラキシーガイドライン(日本アレルギー学会 2014年11月1日発行)ですが、堀向健太先生のやさしい解説『新型コロナワクチンで17人のアナフィラキシー』、リスクの高いワクチンなのですか?(Yahoo個人2021/3/10)も有用でした。

目次

1.豆知識:アレルギー発見の経緯
2.予備知識:ポリエチレングリコール(PEG)とは
3.アナフィラキシーの定義
4.3 項目のいずれかに該当すればアナフィラキシーと診断
5.アナフィラキシーの疫学
6.アナフィラキシーの機序
7.アナフィラキシーの誘因
8.アナフィラキシーガイドライン(日本アレルギー学会 2014年11月1日発行)の目次
9.関連エントリー
[ 2021/03/15(月) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
プロフィール

icchou

管理人:icchou
   非常勤講師

累計訪問者
ブログ内検索