ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

【基礎07】衛生仮説のTh1/Th2セオリーは崩壊した?A20というタンパク

[ 2019/05/14 (火) ]
【基礎06】食物アレルギーの二重抗原曝露仮説、経皮感作のための勉強していたら、それと密接に関連するお話がありましたので、同時に勉強しました。

本論に入る前に、
衛生仮説とは

「衛生仮説」が発表されたのは1991年のこと

先進国でアレルギー性疾患が増加した理由としてStrachanが提唱した「乳児期までの不衛生な環境がアレルギーの発症を低下させる」という理論。衛生的な環境ではTh1の成熟が起こらずTh2が優位になるため、アレルギー疾患が起きやすいと考える。


衛生仮説が出てきた初期のころ、ThlTh2はシーソーのような拮抗作用があると思われていた。
Thlが増えるとTh2が減ってアレルギーが抑えられ、Th2が増えるとThlが減って自己免疫疾患が抑えられる、というのだ。ところが、この理論はほどなく破綻した。自己免疫障害を抱える患者はアレルギーも発症していることが多く、実際、欧米では自己免疫疾患とアレルギーが足並みそろえて増えている。こうして免疫系の動態は再解釈されることになり、現在では、制御性T細胞(Treg)がThlとTh2を含むすべてのエフェクターT細胞を抑えるマスタースイッチだという理解になっている。
制御性T細胞(Treg)が多くなればエフェクターT細胞全般の攻撃力が低下し、「免疫寛容」の状態になる。その免疫系のコントロール権を担っているのは腸内微生物である。

出典:人類の進化が病を生んだ(ジェレミー テイラー、訳:小谷野昭子)
参考エントリー【基礎05】T細胞の種類・分化ついての基礎的な全体像

多くの疫学調査結果から、環境中のエンドトキシン量が多い農村地域や非衛生的な地域で育った場合、その後の花粉症の発生率やアレルゲン特異的IgE抗体保有率が低くなるということが報告されている。免疫学的な背景としては、非衛生的環境下ではTh2細胞に桔抗するTh1細胞が増加することが想定されている。すなわち、ダニ抗原などのアレルゲンが生後はじめて侵入すると、抗原提示細胞にとりこまれ所属リンパ節においてナイーヴT細胞に対して抗原提示が行われる。このとき、抗原提示細胞に存在する、エンドトキシンなどの細菌やウイルス由来の分子を認識するToll様受容体(TLR)が同時に刺激されると、ナイーヴT細胞はTh2細胞には分化せず、Th1細胞が生成する。そしてアレルゲン特異的Th1細胞はIgE抗体の産生を促進せず、病的反応も惹起しないということなどが免疫学的な説明となっている。

出典:PDF次世代のためのアレルギー疾患発症の予防戦略(斎藤博久 2016年)
参考エントリー【基礎02】免疫とは~自然免疫、獲得免疫、細胞性免疫、体液性免疫など


ここからが本論です。
[ 2019/05/14(火) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

【基礎06】食物アレルギーの二重抗原曝露仮説、経皮感作

[ 2019/05/10 (金) ]
『近年、経皮感作の重要性が明らかになり、食物アレルギーの発症機序に関する概念が一新されつつある。』とのことで、その辺りを勉強しました。
その結果、2014年に書いたエントリー【基礎04】アレルギーとは~免疫の副作用、発症メカニズム、治療の原理などの一部に間違いがあること(正確には、食物アレルギーは奥が深く、新しい知見がどんどん出ている事)がわかりました。

目次

1.従来、食物アレルギーは、腸管感作により発症すると考えられてきた
2.近年,経皮感作(皮膚感作)の関与が明らかになった
3.すこし詳細な説明として
4.皮膚のバリア機能はなぜ低下したか?
5.成人期になると、、、
6.関連エントリー
[ 2019/05/10(金) ] カテゴリ: 生物・医学の基礎 | CM(0)

イーストフード、乳化剤無添加パンのからくりは?

[ 2019/05/09 (木) ]
本エントリーは、イーストフード、乳化剤無添加パンのからくりは?(松永和紀 WEDGE Infinity 2019/5/9)から、ほぼ全文引用です。ブログ主の身内も勘違いしていましたので。

イーストフード、乳化剤は不使用、無添加……。パッケージに大きく書かれているパンがあるのをご存知ですか?

添加物嫌いの人たちには歓迎されています。私の入っている生協では、「添加物まみれの食品が溢れ返る中、少しでも自然に近いものを選びたい」と大絶賛されていました。
イーストフード・乳化剤無添加

でも、からくりがあるようです。製パン業界1位の山崎製パン(株)が3月、「イーストフード、乳化剤不使用」等の強調表示についてと題するページを公開し、そのノウハウを解説しました。

強調表示というのは、商品の独自の特徴をアピールするもので、法律で決まっている食品表示項目とは別にパッケージに記載します。飲料の「糖類ゼロ」や菓子の「カルシウムたっぷり」などがおなじみですが、パン類では近年、イーストフード・乳化剤不使用や無添加の強調表示が目立ちます。
山崎製パンは、ライバル企業の具体名こそ挙げていませんが、「強調表示は、消費者の誤認を招くものであり、直ちに取りやめるべきだ」と、主張しました。
業界2位の敷島製パン(株)、3位のフジパングループ(株)神戸屋(株)(株)タカキベーカリーなどが、この強調表示をしています。

イーストフードは、酵母の栄養源

イーストフードは、塩化アンモニウム、炭酸カルシウム、塩化マグネシウム、リン酸三カルシウム等、18種類の物質を指しており、食品表示基準で一括して「イーストフード」として表記することが認められています。
そのために、「隠されている」「危険」などと言われがちで、インターネットを検索するとそうした情報が山のように出てきます。が、化学を少し学んだ人ならわかるとおり、実は、人や動物、植物の中にいくらでもあるごく一般的な元素の化合物ばかりです。
その物質自体を大量に食べれば有害ですが、食品に大量に入れてしまうと味がひどく悪くなりますから、入れることはありません。
「化学物質のリスクは摂取量によって大きく異なる」「添加物は、使い方や使う量が決められて、安全が確保されている」と知っていれば懸念はないはずなのですが、悪者扱いされやすい添加物です。
[ 2019/05/09(木) ] カテゴリ: 健康食品などのリスク,デマ | CM(0)

EP-802AをMacから無線LANで使う設定のやり方

[ 2019/05/06 (月) ]
連休中にエプソンのインクジェットプリンター:A4カラー複合機を更新し、今まで使っていたEP-802A(2009/9/17発売)を知人に譲って設定しました。知人のPCはMacintosh(Mac OS X v10.10 Yosemite)です。
古いプリンターをMacに対応させるのは、思いのほかハードなお仕事でしたので、振り返りながらまとめておきます。
Macの操作に関しては、Winを使っているブログ主はわからないので横から見ていたの思い出しながら書いたので、間違いがあるかも知れません。
[ 2019/05/06(月) ] カテゴリ: PC関連 | CM(0)

(メモ)欧州の地図、EUの組織、など

[ 2019/05/04 (土) ]
追記。2019/5/4
追記。2016/6/25
初回公開日:2013/12/31



欧州の国々が、中々、頭の中の地図イメージに投影されません。それで、自分用に、、、

目次

1.欧州の情報
  全体
  EU:European Union、欧州連合、28ヶ国、シェンゲン協定
  NATO:North Atlantic Treaty Organization、北大西洋条約機構、29ヶ国
2.旧ソ連諸国、ロシアとの関係
3.世界の王政・君主制の国々
4.中東他の情報
  中東の地図
  イスラエルとパラスチナ自治区
  「西エルサレム」と「東エルサレム」
  旧市街

1.欧州の情報

全体

欧州地図04
[ 2019/05/04(土) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

「日本の財政は危機的な状況にある」という通説に対して

[ 2019/05/02 (木) ]
No9を追記。2020/8/26
No8を追記。2019/5/2
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2018/02/11



勉強になった論説をメモします。
(酒席での論議は避けてURLを送ることにしよう。)

発信日が新しい順

【追記】
9.全部で32本のtweetから引用して繋げました 

続き)という訳で「国の借金」を返さなくて良い理由です。これは幾つもありますので、ざっと挙げてみると
・国家は個人と異なり寿命が無いので借り換えを続けていけば良い
どの先進国でも借金は増え続けている
国には潤沢な資産がある
主な貸し手は日銀と(間接的に)国民

これらはいずれも正しく、どれ一つ取っても「返さなくて良い理由」には十分過ぎる程です。しかしそれでも「借金なのだからやはり返さなければならないのでは?」という素朴な感情は残っている様に思います。そこで今回は「そもそも借りたものはなるべく返さない方が良い」という話をします。これは国家に限らず、個人レベルでも、そうなのです。
ここで「資産の本質は負債である」とか言い出すと、貨幣論とか簿記の話になってしまうので、そこまで踏み込まずになるべく優しい説明を試みます。

「借りたものはなるべく返さない方が良い、という話」
これはお金に限らず、もっと一般的な貸借に関しても成り立ちます。例えば、オタクな皆さんなら家にドライバーセット、ニッパー、ラジオペンチくらいの工具は当然あるでしょう。しかし世の中にはこれらが無い家庭も沢山あります。そうしたお家でドライバーが必要になった場合には、貸したりします。

この場合、借り手は所有していない道具を使用する事ができます。一方、貸し手は当然、所有権を持ったままです。つまり外から見ると、あたかもドライバーが2個に増えたかの如き効果があります。
但しこのままでは、貸し手のみに一方的なリスク(返ってこない、紛失、破損など)がありますので、合意の下で謝礼(報酬)を決めてバランスを取ります。

以上は一般的な貸借に成り立つので、当然お金に対しても成立します。即ち貸し手は所有権を持ったまま謝礼(つまり利子)を受け取り借り手は本来持っていないお金を使用できる。これを外側から見ればお金が増えたのと同等の効果をもたらす訳です。この効果は返済時まで続きます。つまり返してしまうと効果は消滅する。

以上より「貸借を行えば行うほど経済規模が増加する」と言える訳ですが、ここには重要な前提が隠れています。それは「返そうと思わば返せる事」です。一言で言えば「信用」ですね。信用が無くなったら、「こいつは返さないんじゃないか」と思われたら、貸借状態を維持するのは難しいでしょう。なので(個人よりも信用力の高い)国が率先して借り手になるのが重要なのです。

勿論、日本国の信用力が世界でもトップレベルなのは、国債の長期金利から明らかですね。
ここで「返せる状態に保っておく」事と「実際に返してしまう」事は全然違います。違うのですが、これをわざと混同させる人が居ます。必要なのは前者なのに、後者が必要であるかの如き物言い。そう、まさにこれこそが「借金は返さなければ」と言い張る緊縮主義者の欺瞞だったのです。

「『幸福の総量は一定ではない(むしろ増やし続けられる)』をマクロ経済的に証明する」
言い換えれば「ゼロサムではない」という事。ここでゼロサムとは「サム(合計)がゼロ」を意味します。なので自分がプラスになる為には、誰かをその分マイナスにしなければならない。「自分の得は誰かの損」という考え方を持っている人もそこそこ居るでしょう。でもそれは、必ずしも正しくない。

ここで最も簡単なレベルの取引を見てみましょう。大根を百円で買います。この時、大根と百円の価値は等しい、つまり等価交換です。これは簿記で仕訳をしても解ります。左右の金額は完全に一致する。
でも、本当にそうなのでしょうか。本当に、厳密に価値が同じならば、そもそも交換する必要など無いのでは?
あなたが百円で大根を買う時には、財布の中の百円玉より大根の方が(僅かだけれど)価値が高い、そう判断したから買うのではないですか?
勿論これは、売り手から見れば逆です。手持ちの大根よりも現金の方が価値が高い、そう思うから売る訳です。
以上より解る事は、取引の前後で比較すると双方の満足度の合計は明らかに増加(つまりプラスサム)しています。

まぁ世の中には「損失を確定させる」種類の取引もありますが、その場合でも「これ以上損失を増やさない為に」取引をする。つまりやはり取引前後ではプラスサムになっているのです。
これが「経済活動が人類を幸福にする」の意味です。取引を行えば行うほど、満足度の総量は増加していく。
但し現実はそれほど甘くありません。こうした「理想的な取引」の為には幾つかの条件があります。双方が自由意思で取引に参加する事、価格を一方的に決められたりしない事などです。

この事から統制経済は勿論、独占や寡占も好ましくないと解ります。そうした場合にはゼロサムはおろか、マイナスサムにすらなりうるからです。また逆に、医療や社会保障など、受益者が否応なしに参加しなければならない取引の場合には、通常の経済原則を当て嵌めてはいけない事も解る筈です。

[ 2019/05/02(木) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
プロフィール

icchou

管理人:icchou
   非常勤講師

累計訪問者
ブログ内検索