ポストさんてん日記

放射線・エネルギー・環境・化学物質・食品などの情報をアーカイブしたり、医学分野の素人勉強をノートしたり、です。 リンクはご自由に。

忽那賢志先生発信の新型コロナ記事へのリンク集

[ 2021/02/27 (土) ]
情報が増えたので、他エントリー新型コロナ、第1波・第2波・第3波の比較、インフルエンザとの比較から切り出して単独化しました。
ほとんどが忽那賢志先生の発信ですが、一部、他先生の発信もあります。

目次

1.変異株関連 2021/2/7
2.次項以降以外の個別情報 2021/2/27
3.治療薬、ワクチン関連 2020/11/24
4.マスク関連 2021/2/13
5.PCR検査・抗体検査・抗原検査関連 2020/12/19
6.メディア・報道関連 2020/12/22

(以下、新しい順)
[ 2021/02/27(土) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(0)

新型コロナ陽性者数・重症者数・死者数、都道府県別、第1波・第2波・第3波別、年齢階層別

[ 2021/02/26 (金) ]
データ更新。2021/2/26


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で第3波がどんな状況なのか? 様々なグラフで確認してみました。毎水曜日データの定点観測です。

目次

1.陽性者数・重症数・死者数の推移
 全国、東京
 東京を除くと
2.第1波・第2波・第3波の区分
3.都道府県のデータを第1波,第2波,第3波に分けてグラフ化
 陽性者数
 死者数
4.年齢階層別のデータ等の定点観測
5.年齢階層別の詳細を見ると
 陽性者、死者、致死率、年齢階層別
 陽性者の推移
 死者の推移
 重症者・重症者割合の推移 
6.人工呼吸器装着数の推移
7.正月の大きな山を下っていく新規陽性者数:感染拡大も減少も、人間的営みの結果
8.関連エントリー

 関連エントリー【アーカイブス】新型コロナ、第1波・第2波・第3波の比較、インフルエンザとの比較から移設(2021/1/14)
[ 2021/02/26(金) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(0)

ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用情報へのリンク集

[ 2021/02/23 (火) ]
不定期に追記していますが、少したまるとタイムスタンプを更新します。
追記:2021/2/23
前回:2019/11/29
(上記までの追記記録は割愛)
初回公開日:2013/12/09



ニセ科学/疑似(似非)科学に関する有用(だと思った)情報を、メモでアーカイブしてきましたが、結構たまりましたので一覧表にしました。今後も有用情報に巡り合ったら追記していく予定です。

目次

1.総合的な情報・検索
2.次項以降以外の個別情報
3.空間除菌関連【更新】
4.NMRパイプテクター関連
6.類似のエントリー
7.WELQ(ウェルク)関連 (DeNAが運営してたキュレーションメディア)
[ 2021/02/23(火) ] カテゴリ: ニセ科学,デマ,怪論文 | CM(0)

1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少?

[ 2021/02/22 (月) ]
1月ABC部数に更新。2021/2/22
(上記までの更新・追記記録は割愛)
初回公開日:2017/11/6



全国紙5紙の販売部数のグラフ化、残紙問題、その他の批評などをアーカイブしました。

目次

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
2.残紙問題(押し紙問題)
3.若い世代が新聞を購読していないデータなど
4.広告費のデータ
5.メモ

1.新聞の販売部数(ABC部数)のグラフ
[ 2021/02/22(月) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

新型コロナに対して世界初の使用許可を取得したmRNAワクチン

[ 2021/02/21 (日) ]
3項に追記。2021/2/21
初回公開日:2020/12/18



米ファイザーと独BioNTech(ビオンテック)の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する革命的なmRNAワクチンに関しての素人勉強です。

目次

1.ファイザーとBioNTech、COVID-19ワクチンの世界初の使用許可を取得
2.Hironori Funabiki(船引宏則)先生による解説
3.忽那賢志先生による説明
 新型コロナワクチンの副反応の報道をどのように捉えればよいのか【追記】
 本日国内承認 ファイザー社の新型コロナワクチンQ&A
 効果は? 安全性は? 新型コロナワクチンについて知っておきたいこと Q&Aで医師が解説
4.(一般論として)ワクチンの種類
 (1) 生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイド
 (2) 核酸ワクチン
5.mRNAワクチンの仕組み
6.関連エントリー
7.その他の有用情報
8.今回も不安を弄ぶ朝日新聞、HPVワクチン報道の反省もなし、体質も変わらず、公共の福祉に有害
 今回の記事2つ
 皆さんが呆れてます
 子宮頸がんウイルス(HPV)ワクチンで朝日がやった事のごく一部
[ 2021/02/21(日) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(0)

新型コロナ、世界各国の死亡率,死者数,感染者数

[ 2021/02/13 (土) ]
データ更新。2021/2/13
(上記までの更新記録は割愛)
初回公開日: 2020/5/13



世界の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を主にグラフで確認しています。たまに更新します。

目次

1.全世界の新規死者数・新規感染数のグラフ
2.世界各国の死者、感染者、その順位、致死率、治癒率
3.G20・OECD各国の死亡率
4.山中教授の「ファクターX」に踊らされていいのか
5.人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移、へのリンク
[ 2021/02/13(土) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(0)

細胞外マトリックスとは(入口レベル)

[ 2021/02/08 (月) ]
糖鎖について勉強していたら“細胞外マトリックス”という馴染みのない単語が出てきたので。基礎までも行かない入口レベルの勉強です。

目次

1.細胞外マトリックスとは
2.基底膜と間質
3.上皮組織の分類
4.細胞外マトリックスの構成成分
5.プロテオグリカン
6.コラーゲンとエラスチン
7.細胞外マトリックスの機能
8.インテグリンとよばれる一群の受容体
9.コラーゲンの健康食品としてのエビデンス
10.関連エントリー
[ 2021/02/08(月) ] カテゴリ: 基礎の基礎 | CM(0)

【アーカイブス】新型コロナ、第1波・第2波・第3波の比較、インフルエンザとの比較

[ 2021/01/15 (金) ]
データ更新。2021/1/15
(上記までの更新・追記記録は割愛)
初回公開日:2020/7/23



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第1波・第2波・第3波で致死率などがどのように違うのか?インフルエンザとの比較など、年齢階層別のグラフで確認してみました。毎水曜日データの定点観測です。

日本でCOVID-19が始まって約1年経ちましたので、
本エントリーの更新は今回で終了します。

なお、第3波の状況の定点観測は、下記のエントリーで継続しています。
新型コロナ陽性者数・重症者数・死者数、都道府県別、第1波・第2波・第3波別、年齢階層別

クリック


目次

1.感染者数・重症者数・死者数の推移
3.年齢階層別のデータ等の定点観測
4.第1波・第2波・第3波の違い
 区分
 陽性者数、死者数、致死率の比較
 (参考までに)第1波・第2波・第3波を合わせた状況
5.年齢階層別の詳細を見ると
 陽性者の状況
 死者の状況
 重症者・重症化率の状況
 人工呼吸治療・ECMO治療の状況
6.COVID-19とインフルエンザの死者数の比較
7.関連エントリー
8.参考情報
[ 2021/01/15(金) ] カテゴリ: COVID-19関連 | CM(2)

不作法・偏向マスコミに呆れます(最新版)

[ 2021/01/09 (土) ]
No140,139,138を追記。2021/1/9
No137を追記。2020/11/30
(上記までの追記記録は割愛)
2020/5/25、No118~、これより古い情報は(アーカイブス)に移動してます



メディアの劣化があまりに酷いと感じます。(そんなものは前から同じ、との声も聞こえますが)

新聞は、自己修復できないなら、できるだけ早く自然衰退していただければ宜しいかと。ただし、その前に軽減税率は適用してほしくないです。特に若い世代にとっては生活必需品ではない*ですし。*このエビデンスは別エントリー1年間・10年間で新聞部数はどのくらい減少にあります。

テレビは、放送法を守る気がないようなので、お安い電波使用料などの優遇措置を外して良いかと。電波オークション導入や有名無実化している放送法4条存廃論議に賛成です。
以下、氷山の一角ですが批判の声や関連情報をアーカイブしてみます。


原則として新しい順。 敬称略。
[ 2021/01/09(土) ] カテゴリ: メディアにレッドカードを | CM(0)

胸腺腫・胸腺がんについて

[ 2021/01/05 (火) ]
少々必要があって、胸腺腫の勉強をしましたので、ノート的に、まとめておきます。
(ブログ主は医療の素人です)

目次

1.勉強の主目的と理解したこと
2.胸腺とは
3.胸腺上皮から発生する腫瘍の種類
4.発症年齢、罹患率など
5.症状について
6.病理分類、WHO分類と正岡病期
7.術後の経過観察
8.予後:5年無再発生存率
9.メモ

1.勉強の主目的と理解したこと

素人にとって、胸腺腫は悪性腫瘍(がん)なのか?が知りたいところでしたが、まれな疾患とのことで情報が少なく、最初ははっきりせず混乱しました。
詳細は3項に記載しましたが、素人として理解したことは以下のとおりです。

胸腺腫は良性腫瘍ではなく、性格としては悪性腫瘍(がん)と言える。
ただし、胸腺がんとは別もの。胸腺がんは肺がんなどと同じような悪性度が高いがん。一方で、胸腺腫はゆっくり進む大人しいがんであるが、その“大人しさ”は病理分類のタイプによって、良性腫瘍に近いものから胸腺がんに近いものまである。詳細は6項
[ 2021/01/05(火) ] カテゴリ: がんに関する事 | CM(0)

日本史、時代区分

[ 2020/12/17 (木) ]
自分用に作成したもので、確認もれなどで主流の学説から外れる部分があるかも知れません。
古墳時代以降は比例寸になっています。(ベースがExcelの棒グラフなので)
狭いところに小さく記載したトピックスは、極めて主観的に選択したものです。
[ 2020/12/17(木) ] カテゴリ: 共通基礎のその他 | CM(0)

インフルエンザウイルスに関する基礎知識

[ 2020/12/09 (水) ]
あちこちのエントリーに分散していた情報を集めて整理するとともに、追補してまとめてみました。

目次

1.インフルエンザウイルスの姿
2.インフルエンザウイルスの種類
 ウイルス表面のスパイク
 インフルエンザウイルスの種類と宿主
 何型が流行?
3.A 型ウイルスの連続変異と不連続変異
 連続変異:同じ亜型でも毎年少しずつ変化する
 不連続変異:時に突然、フルモデルチェンジして新型が発生
4.新型インフルエンザ
 ブタを経由した新型インフルエンザウイルスの誕生
 ブタを介さずトリ型ウイルスが直接人間に感染
5.インフルエンザウイルスの増殖過程
6.抗インフルエンザウイルス薬
 シンメトレル、リレンザ、タミフル、ラピアクタ、イナビル
 アビガン
 ゾフルーザ 
7.関連エントリー
[ 2020/12/09(水) ] カテゴリ: 風邪,インフルエンザに関する事 | CM(0)

第3の生命鎖、糖鎖(入口レベル)

[ 2020/12/01 (火) ]
糖鎖について、基礎とも言えない、ごく入口レベルの勉強です。

目次

1.糖鎖は第3の生命鎖
2.糖鎖の構造と特徴
 生体中で糖鎖はどこにあるの?
 糖鎖の特徴
3.糖鎖の機能と役割
4.主に参考にした資料
5.関連エントリー
[ 2020/12/01(火) ] カテゴリ: 基礎の基礎 | CM(0)

細胞膜の基礎

[ 2020/11/10 (火) ]
血液型の話がきっかけになって糖鎖について勉強し始めたら、細胞膜について理解が不足していることに気付きましたので先にまとめます。

目次

1.細胞膜はリン脂質二重膜によって構成されている
2.細胞膜の透過性
3.膜タンパク質
4.輸送タンパク質、チャネル・トランスポーター・ポンプの違い
 受動輸送
 能動輸送
5.エンドサイトーシスとエキソサイトーシス
6.関連エントリー
[ 2020/11/10(火) ] カテゴリ: 基礎の基礎 | CM(0)

血液型は糖鎖の情報、血液型と新型コロナとの関係は?

[ 2020/10/26 (月) ]
血液型がA型,B型,O型,AB型の4種類に分類されるのは、赤血球の表面にある糖鎖の違いよるものであること、新型コロナの感染性と関係があるかも知れないこと、などを勉強しました。

目次

1.血液型のお話の前段で、糖鎖とは
2.ヒトの血液型も糖鎖によって決まる
3.ABO血液型の輸血
4.ABO血液型の糖鎖は、赤血球表面だけでなく上皮細胞表面にも存在
5.血液型の糖鎖がウイルスや細菌感染の足場となっている
 ノロウイルスの例
 糖鎖が感染の足場となっている
 新型コロナでは?
6.ABO型4種の中でも、さらにRH+とRH-がある
7.白血球抗原:HLA:Human Leukocyte Antigen
8.血液型の種類は多い
9.血液型性格診断はニセ科学
10.上皮組織の分類
11.主に参考にした情報
12.関連エントリー
[ 2020/10/26(月) ] カテゴリ: 基礎の基礎 | CM(0)
このブログについて
管理人 icchou から簡単な説明です 更新,追記の通知はTwitter
カテゴリ
最新記事
プロフィール

icchou

管理人:icchou
   非常勤講師

累計訪問者
ブログ内検索